保湿美容液は女性の味方|美しさは永遠のテーマ

女性

肌の乾燥への対策

化粧品

乾燥すると起こる症状

加齢やストレス、紫外線によるダメージ、日頃の生活習慣や食生活、間違ったスキンケアなど乾燥肌になってしまう原因はさまざまなものがあげられます。肌が乾燥してしまうとカサカサやつっぱり感などを感じてしまうほか、小じわや肌荒れの原因になってしまいます。皮脂や水分などが不足している状態で、酷い場合には肌のバリア機能が低下してニキビができやすくなったり、敏感肌などに繋がってしまうことも考えられます。また、肌のターンオーバーも乱れてしまいシミの原因となることもあります。このような肌トラブルを防ぐためには乾燥肌を改善していくことが大切です。そのためには、正しいスキンケアや生活・食生活の見直しなどが必要となってきます。

乾燥のケア方法とは

乾燥肌を改善するためには、生活改善や食生活の見直し、正しいスキンケアをしていくことが大切です。睡眠不足は肌のターンオーバーに関わってくるため、しっかり深く眠るようにしていきます。入浴も熱いお湯に長く入ると潤い成分が流出してしまうため、ぬるま湯に短期間の入浴を心がけます。食事も、肌に効果的なビタミン類やセラミド、α-リノレン酸、亜鉛などの栄養素の摂取を意識することがおすすめです。乾燥肌を改善するにはスキンケアが最も重要となります。肌の潤い成分であるセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが配合されたケア用品を利用することが良いとされています。十分に化粧水で保湿できたら、美容液をつけてしっかり乳液やクリームでフタをすることで水分を逃がさないようにします。乾燥肌は肌のバリア機能が落ち、刺激に弱くなっている状態ですので、なるべく無添加低刺激の化粧品を使用するのが、望ましいと考えられています。