保湿美容液は女性の味方|美しさは永遠のテーマ

女性

セラミドの種類

ウーマン

セラミドを選ぶ時の注意点

敏感肌におすすめのスキンケア成分が「セラミド」です。セラミドは人間の皮膚の表面で潤いを守っている成分です。敏感肌の人ほどセラミドが少ない状態なので、スキンケアをしながら補う必要があります。ただし、セラミドには沢山の種類があります。セラミドなら何でもいいというわけではなく、品質にこだわって選ぶことが大切です。疑似セラミドは大量生産できるため、比較的安価な化粧水によく配合されています。化学的に作られたセラミドなので、保湿効果が劣ります。天然セラミドは植物や馬油から作られたセラミドです。「天然」というとなんとなく敏感肌に良さそうなイメージがあります。たしかに肌には優しいですが、人間が持つセラミドとは程遠い存在です。

ヒト型セラミドを選ぶ

本当に敏感肌に効果があるセラミドを使いたいなら「ヒト型セラミド」を選ぶことが大切です。ヒト型セラミドは酵母から作った合成セラミドで、人間が持つセラミドと同じ構造で出来ています。スキンケアをしながら不足した潤いを補うことが出来ます。ヒト型セラミドには何百種類もの種類があります。成分の原材料表記をチェックして、セラミドの横に数字やアルファベッドが書いてあったらヒト型セラミドです。よくあるのがセラミド1やセラミド2、セラミドAP、セラミドNP、セラミドEOPなどです。セラミドのスキンケアアイテムを選ぶときは、このようにセラミドの横に数字かアルファベットが記入されてあるものを基準にすることをお勧めします。